プリンスエドワード島へ行こう!~行くなら今しかない

私は18歳で大学入学の為に上京し、
東京で就職・結婚したために実家(山口県)の母とは
もう20年近く、遠く離れて暮らしているのですが、
(会うのは1年に1度ぐらいです)

そんな母が私が幼い頃から呪文のよう(もしかして、私にすりこんでた?)に
『赤毛のアンの島にいつか行きたい』
たびたび口にするのを聞いていた私は、

私の娘が小学校にあがって長期のお休みが取りにくくなる前に、
そして私の母が年をとって海外旅行に行けなくなる前に、

「いっちょ連れて行ってみるか!」と一念発起して、
プリンスエドワード島への旅行を
計画に移すことにしました。

実はわたくし、旅行に関しては「行きたい!」と思ったらすぐに計画をたて、
すぐさま申込みまですませないと
すぐに忘れちゃって、

1年後・2年後にまた突然思い出すという適当人間なので、
今回は絶対に絶対に絶対~に旅行を決行するべく、
すぐに行動を移しました。

母娘孫

こうして、
「プリンスエドワード島 親子三世代 赤毛のアンの旅」 の
旅のはじまりです。

当サイトを訪れた方が、
このサイトを見て一緒にプリンスエドワード島を訪れているような
気分になってくれると嬉しいです。

今回の旅ですが
私の母→64歳、私→35歳 私の娘→5歳
の女だけの3人旅です。
(とはいってもツアーですが・・・)

私の父は10年以上も前に他界、
私の夫は、長時間飛行機にのるのが苦手なのでお留守番です。
彼は耳が気圧にとても弱く(耳ぬきできないみたい)、
さらに腰が弱く、背が185㎝あり機内で苦しいのだそうです。

まっ。
女だけの方が気楽でいいもんですよね。

保存