プリンスエドワード島へ行くまえに、この漫画を読んで行こう!~ジョセフへの追想 渡辺多恵子

プリンスエドワード島が舞台となった漫画のご紹介。
渡辺多恵子さんの~ジョセフへの追想です。
昭和61年発行。私が中学生の時にたまたま手にとって購入したこの一冊が、
私にプリンスエドワード島の存在を強烈に印象づけてくれました。

美しいプリンスエドワード島の自然と、
緑豊かな生活。
平穏な生活に、突然起きる事件。
そして、最後に待つ悲しい結末・・・。

ジョゼフへの追想

当時、かなり少女漫画界で話題になった作品です。
こちらの愛蔵版では、巻末にカラーでプリンスエドワード島の紹介が掲載されています。

ジョゼフへの追想 見開き

この『ジョセフへの追想』を読んでから、
上空からみると森や畑が「パッチワーク」のように見える、
プリンスエドワード島に憧れるようになった私です。

こちらの漫画ですが、
私の持っている愛蔵版と文庫版がありますが、
文庫版の方には、巻末にプリンスエドワード島の紹介がないかもしれませんので、
ぜひ上の写真のように「ユニス」(主人公の少女)が表紙の愛蔵版をお求めください。
(文庫版の表紙は「窓と空と木」のイラストです。)
とはいっても、もう中古でしか手に入らないと思いますので、
オークションなどを利用してみてください。

 

保存