プリンスエドワード島に行く前にぜひ読んでおきたい一冊

『プリンスエドワード島』『赤毛のアン』に関する書籍は
とても数多く出版されています。
(赤毛のアンが日本で愛されている証拠ですね)

私もプリンスエドワード島に行く前に何冊か
書籍を手にしてみました。

その中でこれは素敵!!
と思える本を何冊かご紹介してみます。

まずは基本中の基本。
村岡花子さん訳の『赤毛のアン』
赤毛のアン~ルーシー・モード・モンゴメリ/村岡花子

元祖ともいえる村岡花子さん訳のものがやはり一番有名ですが、
松本侑子さん訳のものもとても人気があります。
ルーシー・モード・モンゴメリ/松本侑子

文庫本なので飛行機に気軽に持ち込めます。
プリンスエドワード島へ到着するまで、どっぷりとアンの世界に浸ってしまいましょう。

それからお勧めなのが、
月刊モエ(MOE)の2008年10月号
巻頭大特集が「赤毛のアンの島へ」
雑誌の中真ん中あたりに付属している
BOOK in BOOK DXが
「プリンスエドワード島トラベルガイド 永久保存版」となっていて、
とても読み応えあります。

全ページカラーで、赤毛のアンやモンゴメリーに関する旅の名所や紹介が
丁寧にわかりやすく紹介されています。

また、翻訳者:村岡花子さんの生涯や、
100周年記念の特集や関連書籍など情報がたくさんつまっております。

さらに、写真家 吉村和敏さんのプリンスエドワード島の写真がたくさん掲載されていて、
大満足の雑誌です。

 



MOE (モエ) 2008年 10月号 [雑誌]

2008年の雑誌なので、
新刊購入はもう難しいのですが、
こちらのサイトで中古で手にはいりますので
興味のある方はぜひ読んでみてください。