クイーンカウンティ観光~オーウェルコーナー(歴史村)とポイントプリム灯台

プリンスエドワード島の旅、5日目です。
大好きになってしまった、キンドレッド スピリッツ カントリー インのスタッフのみなさんに
見送られて、「いつかまたお会いしましょう」と心の中でつぶやきながら、
次の目的地へ。

【オーウェルコーナー(歴史村)】

こちらは、いただいたパンフレットによりますと、
「オーウェルコーナー歴史村の使命は、
島の典型的な地域社会の雰囲気、趣、活気までも歴史遺産として、
1895年当時そのままに保存、かつ紹介していく」

とあります。
ということは1895年にタイムスリップできる場所ということになります。

日本は明治28年。

プリンスエドワード島関連でモンゴメリにからめると、
モンゴメリは1874年生まれなので、
モンゴメリが25歳のときのオーウェル村の様子ということになりますね。
なるほど。なるほど。

オーウェルコーナーには、なんだか映画の撮影所のような趣で、
歩いていると、なんだかその時代に生きていた人々が
暮らしているような錯覚を覚えます。

オーウェルコーナー(歴史村)

↑ 農機具がところせましと並べてあります。

2010_07230358

↑ 教会です。
dscf2741

↑ 教会の中です。座る席は決められていたそうです。

2010_07230360

↑ 学校です。

2010_07230361

↑ なんと、小学校1年生から高校1年生の家庭まで教えていたそうです。

2010_07230378

↑ クラークストアです。アイルランドから移住してきたクラーク兄弟の雑貨屋さんです。
ひとつひとつの品物がとても面白くて、時間がたつのを忘れます。

そのほかに、
墓地、公会堂、農機具格納庫、馬小屋、家畜小屋、馬車小屋、屋外トイレ、鍛冶屋、
ウェイビルディング、シングルミル
などあります。
見所がたくさんありすぎて、1日でまわるのは無理そうです。

2010_07230406

家畜もたくさんいましたよ。

【ポイントプリム灯台】(Point Prim)

1845年に作られました。
プリンスエドワード島で最も古い灯台で、
島で唯一の円型です。
滑らかなフォルムがとても美しいです。
この日は雲ひとつない青い空がひろがっていました^^
灯台の周りの景色もすばらしく、ずっとここにたたずんでいたかった。

灯台のてっぺんにあがることも可能。
母は「無理~」というので、私と娘だけ登ってきました。
↓灯台の中には小さなお部屋があって、どうやら燈台守さんのお部屋のようです。
すごく狭くて、さびしくて、こんな部屋に一人で過ごすなんて、考えただけでもぞぞぞ~。

灯台守の部屋

↓てっぺんから撮影しました。

灯台

↓私が出てくるところを母がパチリ。ありがとう~♪

2010_07230414

dscf2756

dscf2757

 

【RESTAURANT MacKINNON’S】
お昼ごはんの時間です。
シーフード料理をいただくことになっていたので、
この建物をみて、「わ~い。ロブスターちゃんだ♪」と喜んだのですが、
実際はロブちゃんではありませんでした。残念。

プリンスエドワード島 シーフード料理

2010_07230427

でてきたお料理はこちらです。

2010_07230429

う~ん。はっきり言って、今まで食べたお料理の中で、
一番美味しくない・・・。色合いも悪い・・・。ご飯はピラフなのかな?なんだかぼけた味でした・・・。
なんというか、適当に作って盛り合わせたでしょ?って感じのお味です。
ツアーで食べる最後の食事がこれだなんて、かなり残念です・・・。
今までのお食事が全部美味しかっただけに、心残りであります。
(※ロブスターが食べられなかったから愚痴ってるのではないですよ~笑)

保存