赤毛のアン ミュージカル

毎年、夏になるとシャーロットタウンで「赤毛のアン」のミュージカルが行われ、
地元の人にとても愛されていると聞き、
それならばと、オプションで赤毛のアンのミュージカルを申し込みました。

赤毛のアンのミュージカルの歴史は古く、
なんと1965年からで、カナダで一番のロングラン!

赤毛のアン ミュージカル

もともと私と娘は劇団四季のファン
(よく見るのは裸の王様などのファミリーミュージカルですが)

「赤毛のアン」は5歳にはちょっと早いかなと思って敬遠していましたが
今回いい機会なので、見せてみることにしました。
(とはいっても娘には言葉の壁が・・・あっ母にも・・・。)

2010_07230527

Homburg Theatreに到着。
続々と人が集まってきます。
ミドリのTシャツを着ているのはスタッフさん。
赤毛のアンのおさげが髪のついた麦藁帽子をかぶってました。

そして、階段をおりていくと、
なんと、ジャジャーン。
今回の赤毛のアンの女優さんが出迎えてくれたのです~。
すごい!さすが、地元で愛されているミュージカルです!

2010_07230529

笑顔の素敵なかわいらしい方でしたよ。

そして、劇場内で3人ならんで、開演を待ちます。
添乗員さんに、劇場は寒いから何かはおる物を必ずもっていくように言われていて、
カーディガンや厚手の靴下などを持っていって身に着けていたのですが、
それでも、すご~く寒い。

前半が終わるころには、私達3人はカチンコチン。
冷蔵庫いえ、冷凍庫の中にいるようでした。
しかも娘も母も、英語がわからないせいもあって、ウトウトしだして・・・。

これはいかん。風邪をひくと、
母と相談して、前幕だけみて退散しました・・・。

ミュージカルは前半みただけですが、
マシューがとてもやせていて、イメージが違う・・・。
さらになんだかコメディタッチでした。

間違いなく、後半が素敵なんだと思うのですが。
私ら、寒さに負けてリタイアです。(><)

劇場の他の観客たちは、地元の人だと思うのですが、
みな、すごく薄着
ノースリーブやTシャツ姿の方ばかりで、
カーディガンや靴下を履いているのに、
ブルブル震えているのは私達だけでした。

黄色人種と白色人種とでは、
こんなにも、体感温度が違うものなのでしょうか・・・。

それにしてもここまで違うのはおかしい
と思い、帰国してから、ネットで調べてみましたら、
やはり、白色人種は寒さに強いようです。

5度ぐらい日本人と体感温度が異なるみたいです。
勉強になりました。

その後、まっすぐホテルに帰り、
暖かいお風呂につかり、体調をとりもどした次第で・・・。

ゆえに、あまりシャーロットタウンのミュージカルはお勧めできません。
いくならコート級の防寒着が必要かも・・・

保存