プリンスエドワード島に行く前にぜひ読んでおきたい一冊

『プリンスエドワード島』『赤毛のアン』に関する書籍は
とても数多く出版されています。
(赤毛のアンが日本で愛されている証拠ですね)

私もプリンスエドワード島に行く前に何冊か
書籍を手にしてみました。

その中でこれは素敵!!
と思える本を何冊かご紹介してみます。

まずは基本中の基本。
村岡花子さん訳の『赤毛のアン』
赤毛のアン~ルーシー・モード・モンゴメリ/村岡花子

元祖ともいえる村岡花子さん訳のものがやはり一番有名ですが、
松本侑子さん訳のものもとても人気があります。
ルーシー・モード・モンゴメリ/松本侑子

文庫本なので飛行機に気軽に持ち込めます。
プリンスエドワード島へ到着するまで、どっぷりとアンの世界に浸ってしまいましょう。

それからお勧めなのが、
月刊モエ(MOE)の2008年10月号
巻頭大特集が「赤毛のアンの島へ」
雑誌の中真ん中あたりに付属している
BOOK in BOOK DXが
「プリンスエドワード島トラベルガイド 永久保存版」となっていて、
とても読み応えあります。

全ページカラーで、赤毛のアンやモンゴメリーに関する旅の名所や紹介が
丁寧にわかりやすく紹介されています。

また、翻訳者:村岡花子さんの生涯や、
100周年記念の特集や関連書籍など情報がたくさんつまっております。

さらに、写真家 吉村和敏さんのプリンスエドワード島の写真がたくさん掲載されていて、
大満足の雑誌です。

 



MOE (モエ) 2008年 10月号 [雑誌]

2008年の雑誌なので、
新刊購入はもう難しいのですが、
こちらのサイトで中古で手にはいりますので
興味のある方はぜひ読んでみてください。

プリンスエドワード島へ行くまえに、この漫画を読んで行こう!~ジョセフへの追想 渡辺多恵子

プリンスエドワード島が舞台となった漫画のご紹介。
渡辺多恵子さんの~ジョセフへの追想です。
昭和61年発行。私が中学生の時にたまたま手にとって購入したこの一冊が、
私にプリンスエドワード島の存在を強烈に印象づけてくれました。

美しいプリンスエドワード島の自然と、
緑豊かな生活。
平穏な生活に、突然起きる事件。
そして、最後に待つ悲しい結末・・・。

ジョゼフへの追想

当時、かなり少女漫画界で話題になった作品です。
こちらの愛蔵版では、巻末にカラーでプリンスエドワード島の紹介が掲載されています。

ジョゼフへの追想 見開き

この『ジョセフへの追想』を読んでから、
上空からみると森や畑が「パッチワーク」のように見える、
プリンスエドワード島に憧れるようになった私です。

こちらの漫画ですが、
私の持っている愛蔵版と文庫版がありますが、
文庫版の方には、巻末にプリンスエドワード島の紹介がないかもしれませんので、
ぜひ上の写真のように「ユニス」(主人公の少女)が表紙の愛蔵版をお求めください。
(文庫版の表紙は「窓と空と木」のイラストです。)
とはいっても、もう中古でしか手に入らないと思いますので、
オークションなどを利用してみてください。

 

保存

さあいよいよ出発!母と成田空港で合流!

出発の朝。
私と娘は母と合流するために成田空港へ
リムジンバスで出かけました。

母の方は、前の日に広島県・山口県の天気がとても悪かったので、
前日は、急遽、もよりの広島空港近くのホテルに一泊してもらいました。
当日は飛行機が無事に飛び、
余裕を持って成田空港に到着。
母は東京に飛行機で来たのが初めてで心配していたのですが、
とてもスムーズに来られたようで、頼もしいです。

しかぁ~し。
私と娘のほうでトラブル発生。
かなり余裕をもってリムジンバスに乗り込んだものの、
渋滞に巻き込まれ、母との約束時間に大幅に遅れてしまいました。

母とは携帯でやりとりし無事合流できたものの、
旅行会社指定の集合場所に到着したのは集合時間のほんの少し前。

遅刻しなくてよかった~と思ったものの、
そこからが大変でした。

なぜかチェックインカウンターは大行列!
原因はカウンターにいる担当者が恐ろしく手際に悪い女性1人だけだったんです。
(中国系のお名前の女性でした)
隣のカウンターはサクサク進んでいるのに、
私達の並んでいるカウンターは全然すすまない。
私達はイライラ、それ以上に日本人添乗員さんもイライラ。

こんなことは普段はありませんよ~とお怒りの模様でした。

カウンターで並ぶこと1時間。
出国手続き終了のアナウンスまで流れる始末。

カウンターの助っ人が今になって登場し、
ようやく私達の順番がまわってきた時には、
なんとなんとですよ~。

3人が並んで座れる座席が空いていないとのことで、
私と娘は二人並んで座れたのですが、母は10列ぐらい前に
座席を分けられてしまったんです。

カナダへのチケット

せっかく久しぶりに会えた母(およそ一年ぶり)と、
座席が別だなんてありえない~。

でも、5歳の娘と私が離されなかったことだけが救い・・・。
と思い我慢しました。

保存

エアカナダ~機内にて(成田ートロントーハリファックス)

エアカナダの機内では
ちょっぴりカルチャーショックを受けました。

なんとタトゥをした半そでの男性キャビンアテンダントさんがいる~。
日本だったら絶対、採用されないですよね~。
でも、対応はとてもよくて気さくな方でしたよ~。

あと、機内食の量と回数に、かなりびびりました。

機内のスナック

おつまみ系の「ナッツ」や「ゴマあられ」から始まり、
機内食の夕食・朝食。あげく夜食に「カップラーメン」「サンドイッチ」なんかもでてきて。

夜食ってなんじゃ~。
みんなどんだけ食べるんじゃ~。

 

私はけっして小食ではないのですが、
周りのタフな胃袋に、驚きっぱなしでした。
(でも、私、カップ麺大好きなので、
帰りは絶対にカップラーメンを貰おう

娘はキッズミールを頼んでいたのですが、
大人のものと内容は少し違っていたものの、
量は大人と変わらず・・・。
ほとんどを食べ残してたり、
手すらつけられずにいました。
あぁ、もったいない~(TT)

エアカナダの機内食の量は
たとえば、娘の機内食を全部断って、
私の分を分けてあげても、まだまだ余りある量でしたよ~。

17:00に成田を出発しまして、
日付変更線を通過
現地時間15:50(日本時間4時50分)にトロント空港に到着し、
次の飛行機待ちでしばし休憩となりました。

約11時間ものフライト~。長かったですわ~。

そうそう、ここでカナダの入国審査について書いておきますね。
今回の旅は娘の父親(私の旦那)がつきそっていないので
入国審査が厳しくなると旅行会社さんから聞いていたので
内心びくびくしながら娘と二人審査を受けました。

けれど私の不安もつかのま、
事前に用意した手紙を挟んだパスポートを渡しただけで、
何の質問もなくあっという間に通過させてもらえましたよ~。
よかった~。

★詳しくはこちら→片親の場合の入国審査に要注意

その後、エアカナダでハリファックスへ向かいます。
今度は母と同じ並びの席に。
よかった~。

添乗員さんが言うには、
母と私は別の姓となっているので、
姓が違うと他人とみなされて飛行機の席が別々にされちゃうことが
よくあるんだそうな・・・。なんて不親切な・・・。

だから、早めにチェックインカウンターにならんで、
「姓は違えども親子である」ことをアピールすることが大事なんだそうです。

あぁ、成田空港にもっと早く着いていれば・・・。くやまれます。

保存

アトランティカ ホテル ハリファックス~ATLANTICA HOTEL HALIFAX に1泊

カナダに来て1泊目のホテルは、
『アトランティカ ホテル ハリファックス』
ハリファックス空港から約35kmの立地でした。

日本との時差は12時間。
そういえば、前にセミナーで

「12時間(半日)の時差(※サマータイム時)は区切りがいいので、
あまり疲れないですよ」
と聞いていたのだけれど、
確かにそうみたい。

ホテルについたのは夜も更けたころだけど、
ちゃんと体はついてきてて、
眠くなってくる。
日本は今、お昼頃のはずなのにな。不思議だ。

アトランティカホテルのソファー

アトランティカ ホテル ハリファックスの
おしゃれなロビーの大きなソファーにご満悦の娘です。
時差は娘にも全く無縁の模様。

ホテルについてシャワーをあびたら、
もう三人ともウトウト・・・。
飛行機のソファではなく、やっとベッドで寝られる~。
あっという間に、三人とも夢の中です。

お部屋も調度品もシンプルで使いやすく清潔感もあり
よく眠れる落ち着いたホテルでしたよ。

(残念ながら、あまりの眠気に写真を撮るのを忘れました・・・
その後もお部屋の写真を撮るのを忘れ、おみせできなくて残念です)

ホテルの方もとてもフレンドリーで親切。
気持ちよく宿泊することができました。

★宿泊したホテルはこちら→

Atlantica Hotel Halifax~ホリディインセレクト

こちらのホテルに私たちはもう1泊いたします。
同じホテルに連泊って落ち着きますよね^^
同じホテルに連泊って日本でも国外でも経験したことがなかったので、
こんなに居心地がいいのなら、これからも利用したいと思いました。

保存

ルーネンバーグとライトハウスルートをドライブ パート1

2日目は「アトランティカ ホテル ハリファックス」の1Fのレストランで朝食。

朝食バイキング

その後、しばらくまったりしてから、
10時に出発。

今日は【世界遺産】ルーネンバーグ(Lunenburg)
を見る旅です。

滞在中のホテルのあるハリファックスから、
目的地のルーネンバーグまでの海岸沿いの道は
『ライトハウスルート~Ligithouse Route』(灯台の道)と呼ばれていて、
今回は、車で美しい海岸線の小さな街に立ち寄りながら
ルーネンバーグを目指します。

こちらガイドさんにいただいた手書きのマップ!
かわいい~。

ノバスコシア マップ

(娘が落書きしております。すみません。)

ルーネンバーグめざし海岸線を車で走りまくりました。
車酔いする方は絶対に酔い止めが必要なルートです。
(わたくし、油断して酔い止めを飲み忘れ、
あわてて娘の子供用の酔い止め飴をもらって、ことなきを得ました。)

まず最初に訪れたのはペギーの入り江の1つに位置するギャラリー。
目の前には、岩の露出した部分に彫られた大きな彫刻!
その名も『フィッシャーマンズ·モニュメント』。
32人の漁師と妻と、天使の羽につつまれた子供たちが彫刻されています。

こちら、漁村にうつり住んだアーティスト
『ウィリアム·エドワードdeGarthe(1907-1983)』の作品です。

ノバスコシア 石の彫刻

↓ ノバスコシアの漁村。

ノバスコシアの漁村

↓ ロブスターを捕まえるための罠。

ロブスターの罠

↓ これは船のイカリじゃないかと思うのですが・・・。
何かの骨にも見えます・・・。
なんだろこれ。気になったのでパチリ。

いかり

↓そしてペギーズコーブへ到着。
かわいらいい灯台と、白い岩がごろごろ転がっていて、
娘、大喜び~。この石は『花崗岩』。

ペギーズコーブ

面白い岩の向こうはすぐに海・・・。
観光客でにぎわいます。

ペギーズコーブ2

対岸よりルーネンバーグをのぞむ

途中、対岸からルーネンバーグの町並みをパチリ。
カラフルな建物が並びます。もうすぐ着くからね~。

保存

ルーネンバーグとライトハウスルートをドライブ パート2

ルーネンバークの街を歩く前に腹ごしらえです。
お店の名前は『THE OLD FISH FACTORY』
シーフードのお店です。

THE OLD FISH FACTORY

メニューは「お魚の燻製いろいろ」と「タラの白身のコロッケ」。

THE OLD FISH FACTORY たら

↓ サラダの隣においてあるワイン色のソースは、
甘い!!コロッケに甘いソースとはびっくりです。

2010_07230025

デザート付でした。
ソースにはびっくりですが、どれもこれも美味しかったですよ^^

2010_07230030

お腹がいっぱいになったところで、
ルーネンバークの街を歩きます。
とてもわかりやすいマップをもらいました。

ルーネンバーク 地図

ルーネンバーグ 馬車

街には馬車が走っていて、
ツアーじゃなかったら絶対に乗っていたと思います。
ガイド付きのコースがあるようですよ。

LUNENBURG ACADEMY

↑ 『LUNENBURG ACADEMY』
こちら私たちが旅行した時は小学校だったのですが、
2012年3月から保存のため、小学校ではなくなってしまったようです。

ST.JOHN'S ANGLICAN CHURCH

↑ 『ST.JOHN’S ANGLICAN CHURCH』
1753年に創設された教会ですが、
なんと2001年のハロウィンの夜に焼失したものを再建したらしい・・・。
なんということ~。

教会

教会内です。ステンドグラスが美しかったです。
火事のときの資料なども展示されていました。

St. Andrew's Presbyterian Church

↑ そしてこちらが私のお気に入り~。
『St. Andrew’s Presbyterian Church』
見てください~!てっぺんについている物を~。
なんと魚~。

2010_07230043.JPG

この魚は「鱈」だそうで。カナダの漁業のシンボルなのだそうです。
面白好きの私にはたまらない教会でした!

HERITAGE BANDSTAND

↑『HERITAGE BANDSTAND』 です。野外音楽堂で、
360度どの角度からも公演を眺めることができます。
私たちが行った時は、バンドがちょうど演奏中でして、
ルーネンバーグの人々が、ゆったりまったりしながら演奏に聞き入っていましたよ。

2010_07230049

子供用の遊具発見!オムツ型のブランコが珍しくて、ついパチリ。
娘を乗せて遊ばせたい衝動にかられましたが、ツアーですから~(><)

dscf2662

そして、こちらが、『世界遺産』登録のモニュメントです。
ユネスコのマークが入っています。
ルーネンバーグは1753年にできた都市で、
名前はイギリス国王ジョージ2世にちなんでいるそうです。
1995年にルーネンバーグの街並みが、
世界遺産に登録されました。

ルーネンバーグとライトハウスルート パート3

ルーネンバーグの旧市街の街並みを堪能したあとは、
ハリファックスのホテルに向けてひたすらドライブ!
3つの教会が並ぶスポット

途中で、3つの教会が並ぶ美しい場所があり、
そこで娘が母と私をパチリ。(むっ。ちょっとおばあちゃん、ピンボケしてない?笑)

帰り道の車の中では、
もう、みんな歩きつかれたのと、旅行の疲れで
ウトウト・・・。
せっかく添乗員さんとガイドさんが一生懸命、お話してくれているのに、
申し訳ないと思いながらも、
車の揺れと、あたたかい日差しとで、お昼寝しないではいられませんでした~。

添乗員さんに起こされて、お待ちかねの夕食!
2日目の夕食はカナダの名産の「ロブスタ」ーをいただきます!

お店はハリファックスのウォーターフロントに建つ、
『SALTY’S』というシーフードのお店。

SALTY'S

カナダに来て、お初のロブスターちゃんです。

カナダ ロブスター

2010_07230062

シーフード大好きの私。
もちろんモリモリといただきました。
ロブスターはイセエビと比べると、すごく大味でバフバフした食感ですが、
魚介大好きの私、何匹でも食べられそう~。

2010_07230059

↑そしてまたまたでてきました、甘~いソース。
こちらでは、このソースが定番みたいです。
子供用に

↑ こちらは添乗員さんが、娘がロブスターを食べられない
(娘はエビ・カニが苦手。おいしいのに~)
のを知って、
かわりにお店に注文してくれた、パスタです
ありがとうございます。

2010_07230063

そして、デザートはチョコレートケーキ。
きゃ~。チョコレートに目のない私は、大喜びです。
例のソースもお皿にかかっておりますね~笑
チョコの上にのっている葉っぱはミントだと思うのですが、
デカイです。びっくりしました~。さすがカナダ。

2010_07230066

こちらのウォーターフロントですが、
『マリオネットホテル』という高級ホテルがあり、
『Historic Properties』 という街並みが広がっており、
レストランやショップなどが入っております。
フェリーターミナル前の広場ではたくさんの人が寛いでいて、
ちょっとしたリゾート気分でした。

『マリオネットホテル』はロビーとトイレのみお借りしましたが、
とても広くそして、重厚感あふれていて親子でうっとり・・・。
海の眺めも、街並みも、立地も最高!
3キロ圏内にノバスコシア芸術大学やシタデルや
パブリックガーデン、ダルハウジー大学(←アンの行った大学のモデルです)があり
申し分ありません。
次にハリファックスを訪れることがあったら、私は絶対にこのホテルにしようと思います。


ハリファックス マリオット ハーバーフロント ホテル

美味しい夕食と散歩をして、
この日は終了。
明日はいよいよ、『赤毛のアン』のプリンスエドワード島に上陸いたします。

保存

モンゴメリをテーマにハリファックス観光

旅も3日目に突入しました。
午前中はモンゴメリーをテーマにハリファックス観光。

そして、午後にはプリンスエドワード島に上陸です。

午前9時。
2泊お世話になったアトランティカホテルに別れをつげ、いざ出発!

ハリファックス マップ

↑ またまた手書きのハリファックスの地図をいただきました^^

シタデルヒル

訪れたのは、シタデルヒル。
見晴らしのよい丘になっていて、風がとても気持ちよかったです。
海が見渡せます。

シタデル

丘の上にはシタデル(城砦)が。そこに立つ門番の衛兵さん。
タータンチェックのスカートをはいております。
この日は午前中から、とてもいいお天気で、
この格好にこの日差し、衛兵さんは身動きせずに耐えておりました。
日焼けした顔が痛々しい~。

シタデル2

おんなじポーズでパチリ。
ガイドさんの話だと、彼は学生アルバイトらしいです・・・。
大変なアルバイトね・・・。頑張ってください。

パブリックガーデン

次に訪れたは『Halifax Public Gardens~ハリファックス パブリックガーデン』
ハリファックスの中心にあり、立派な門構え。
ビクトリア王朝様式のフォーマルガーデンです。

パブリックガーデン2

四季折々の草花や、オブジェが目を楽しませてくれました。
綺麗に管理されていて、ハリファックスの人々にとても大切にされていると感じました。

パブリックガーデン3

その後、時間の関係でバスの中から
モンドメリのお気に入りの墓地で
アンの愛情にもでてきた『The Old Burying Ground』や
ハリファックスの街並みを見学しました。
バスを降りて見学したかったけれど、ツアーですから仕方ないですね。

セントポールズ墓地のライオン

↑ モンゴメリが愛した墓地のライオン。
お墓側ではないバスの座席に座っていたので、
こんな写真になってしまいました~。

2010_07230099

↑ お次にバスを降りて見学したのは『ダルアウジー大学』です。
モンゴメリが通った大学なのですが、
モンゴメリは1年だけ通い聴講生だったようです。
『赤毛のアン』ででてくる、アンが通った「レドモンド大学」はこちらの大学がモデルになっています。

2010_07230102

↑ 「アンの愛情」で、アンがロイガードナーからプロポーズをうけた場所のモデルはこちら。
自然豊かで、静かな場所。ロマンティックな雰囲気がただよう素敵なあずまやです。

さて、午前のモンゴメリ&アンをテーマにしたハリファックス観光はこれにて終了。
いよいよ、プリンスエドワード島へ行くために、カリブー港へ。

その前にちょっと腹ごしらえです。
お昼はラザニア。なんでカナダまで来てラザニアなの?
と不思議に思ったのですが、
イタリア生まれのラザニアは、イギリス・アメリカで広く人気の料理だそうで、
イギリスの流れをくむカナダでも、好んで食べられる料理なんだそうです。

お店は『TAG’S PUB~Waterfront Warehouse』

ラザニアのランチ

店内はシーフード中心のお店のようです。
レストラン兼パブなので、お酒がいっぱい~。
夜はきっと地元の人が集って、お酒を堪能するのでしょうね。

2010_07230109

ラザニアとサラダのランチプレートです。
添乗員さんが気を使ってくださって、
甘いドレッシングか、そうでないドレッシングかを選ばせてくれました。
カナダに来て、甘いソースに、ちょっぴり飽きていた私は迷わず違うものにしてもいました。
が、日本に帰ってきた今になると、あのソースが懐かしい~。

2010_07230111

デザートです。なんだかよくわからないデザートだったのですが、
スフレ的なスイーツで、「アップル・クリスプ」というものらしいです。
初めて食べたスイーツでしたが、なかなかおいしかったですよ。

こちらのお店、
退屈しないようにと娘に塗り絵兼ワードゲームのカードをくれました。

娘は英語は読めませんので、適当に塗りえを楽しんでおりました。
カナダの人々は、旅行者にとても優しいですが、
子供にもとても優しい。
子連れでも旅行しやすい国だと思います。

保存

保存

カリプー港からプリンスエドワード島へ

カリブー港 待合室

プリンスエドワード島へは、
飛行機・船・橋を使っていくことができるのですが、
私たちはアンが孤児院からプリンスエドワード島へ向かった時のよう
船に乗っていくことに。(素敵~)
こういう経路でツアーを組んでいただいた
近畿日本ツーリストさんってセンスがあると思いました。

船にのる

↓ こちら、待合室です。
地元っぽい人がチラホラいました。

船の待合室

港には小船がたくさん停泊していました。
漁業用かな?

カリブー港 漁船

出航時間まで、たっぷり時間があったので、
となりのおみやげ物屋さんで、時間つぶし。

カリブー港 お土産物屋

店内は海・港関連のお土産や雑貨が売られていました。
お土産物見るのって楽しいですよね~。
親子3人、年齢に関係なく、キャッキャッとはしゃいでしまいました。

カリブー港 土産

そして、いよいよ出航の時!
プリンスエドワード島をめざし、出発です。

フェリー船内

だんだんプリンスエドワード島がみえてくるにしたがって、
胸がドキドキ。
船内にはプリンスエドワード島で人気のアイスクリーム屋さんがお店をだしていて、
三人で、アイスをぺロリ。(残念ながら写真を撮るのを忘れました~。)

遠くにみえてきたPEI

2010_07230135

2010_07230137

2010_07230138

アンが船の上から
島が近づくのを眺めて
これから出会う風景や、人々や生活に胸をおどらせていたのだろうなと想像すると、
ワクワクドキドキしてきます。
私たちはついに憧れのプリンスエドワード島に到着です。

保存

保存